久留米市美術館 展覧会「川端康成 美と文学の森」(2017年4月1日(土)〜5月21日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/2017/exb_002.php

——————–
川端康成 美と文学の森
2017.04.01(土) – 2017.05.21(日)
川端康成(1899-1972)は、『伊豆の踊子』(1926年)、『雪国』(1935-47年)、『山の音』(1949-54年)、『眠れる美女』(1960-61年)などで知られる、日本を代表する作家です。彼は美術にも大変造詣が深く、美術コレクターでもありました。そのコレクションは、油彩画、日本画、工芸などさまざまな分野に及ぶとともに、同時代の作家の作品から縄文時代まで幅広い時代にまたがっています。そして、美術作品について語る彼の言葉は、その神髄に触れるもので、我々の美術理解を助けてくれます。
本展では、従来の川端コレクションの紹介に加え、新たな切り口として、川端康成という作家を通し美術と文学が交錯する様子を紹介します。
出品目録(PDF/635KB)