« 千代田区立日比谷図書文化館「日米マンガ発展史が触れ合った時代―1930年代~1950年代」講師・出演者 小野耕世(2017年5月13日(土)※要申込) | メイン | 日本大学国文学会『語文』第157輯 »

2017年4月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大和文華館「国宝「松浦屏風」と桃山・江戸の絵画-都市のにぎわいと成熟-」(2017年4月14日(金)~5月14日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/toshinonigiwaitoseizyuku.html

--------------------

2017年4月14日(金)~5月14日(日)
毎週月曜日休館
入館料 一般620円 高校・大学生 410円 小学・中学生 無料

大きな戦乱を経て、泰平の世へと歩みを進めた桃山・江戸時代には、都市が発達し街道が整備され、人や物資、情報の往来が活発となり、庶民の力も躍動します。現世を肯定的に捉え、暮らしや遊びが積極的に楽しまれました。遊里や芝居小屋などにおける華やかな遊楽に目を向けた風俗画が隆盛し、都市のにぎわいを活き活きと伝えてくれます。庶民が力を付けたこの時代には、古くからの憧れである王朝文化や中国文化も広い階層で楽しまれるようになります。伝統的な画派とともに新興の画派も活躍し、古典を学びつつ新しい絵画表現を工夫して多様な関心に応えました。西洋からの文化も大きな刺激となりました。桃山から江戸時代初期には南蛮貿易によって、江戸時代中期以降は洋書輸入の制限緩和によって、西洋の知識や文物がもたらされ、西洋の影響を受けた作品が描かれるようになります。
本展観では、国宝「松浦屏風」をはじめとする風俗画や、伝統ある土佐派や狩野派の作品、王朝文化を豊かに再興した琳派の作品、西洋文化の刺激を受けた洋風画などを展示いたします。好奇心旺盛で活気に満ちた桃山・江戸時代の文化の粋をお楽しみください。


●グーグル提供広告