« 神奈川近代文学館・企画展「角野栄子『魔女の宅急便』展-魔女とおばけと-」(2017年(平成29)7月22日(土)~9月24日(日)) | メイン | 芝浦工業大学附属中学高等学校内に「しばうら鉄道工学ギャラリー」がオープン(5月21日(日))。築島裕コレクション(鉄道切符)も展示。 »

2017年4月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川近代文学館・特別展「没後50年 山本周五郎展」(2017年(平成29)9月30日(土)~11月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanabun.or.jp/exhibition/6475/

--------------------

【山本周五郎(1903~1967)は、「小説にはよき小説とよくない小説があるだけ」というゆるぎない信念のもと、あらゆる賞を拒んで、読者のため〈よき小説〉を書くことのみに生涯をささげました。市井の人々のささやかな営み、道を究める者の苦悩、強くけなげな女性たちなど、それぞれの人生をひたむきに生きる人間の姿を鮮やかに描き出し、その心の動きを追求した作品は、世代を超えて愛され続けています。
当館では1991年(平成3)に「山本周五郎展」を開催して大変好評を得ました。この26年の間に多くの関連資料が寄贈され、充実したコレクションを収蔵するに至っています。
没後50年を機に開催する本展では、こうした新たな資料をまじえ、横浜を第二の故郷と呼んで愛した山本周五郎の生涯と、魅力あふれる作品の数々をあらためて紹介します。】

【会期】
2017年(平成29)9月30日(土)~11月26日(日)
休館日は月曜日(10月9日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室
【観覧料】
一般600円(400円)、65歳以上/20歳未満及び学生300円(200円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【編集委員】
清原康正
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会


●グーグル提供広告