« 国文学研究資料館が「新日本古典籍総合データベース」を試験公開。 | メイン | 吉海直人『読んで楽しむ百人一首』(KADOKAWA) »

2017年4月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2017年度 能楽学会 第16回大会(2017年6月3日(土)、4日(日)、早稲田大学 小野記念講堂)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.facebook.com/Nohgakugakkai/posts/281794568898633

--------------------

2017年度 能楽学会 第16回大会
於 早稲田大学 小野記念講堂
(早大正門前下車、27号館地下2階)
入場無料・事前申込不要

▼第1日 6月3日(土) 受付開始(12:30)
13:00~13:30  総会
◇研究発表(13:45~15:05)
1「共通曲『墨塗』から分析する成城四番本・三番本の性格と言語」 小林千草氏
2「片仮名書き能本における表音的表記の揺れとその背景―世阿弥自筆本を中心に」 佐藤嘉惟氏
    休憩(15:05~15:15)
◇トークセッション「ポピュラーカルチャーと能楽」(15:15~17:00)  
 河森正治氏・平林一成氏・(司会)横山太郎氏
◇懇親会(17:30~19:30)
 於 アットン(都電荒川線早稲田駅から徒歩2分)
     
▼第2日 6月4日(日) 受付開始(9:30)
◇研究発表(10:00~11:30)
3「『秋田城介型付』における相伝の実態」 中司由起子氏
4「近代における海外日本人居留民と能楽」 佐藤和道氏
    昼休み(11:30~13:00)
◇大会企画(13:00~17:25)
 「風流の作り物 能の作り物―中世の作り物文化から能を見る―」
 趣旨説明  宮本圭造氏
 中世の延年と作り物―風流を中心として―   松尾恒一氏
 中世民衆の風流―作り物と拍子物の関係から   青盛 透氏
 能の作り物―演出との関わり―          小田幸子氏
 作り物図と現代の能       中嶋謙昌氏・観世銕之丞氏
 パネルディスカッション
  松尾恒一氏・青盛透氏・小田幸子氏・中嶋謙昌氏・観世銕之丞氏・(司会)宮本圭造氏
+ + + + 能 楽 学 会 + + + +
問合せ先:能楽学会事務局
℡03-3208-0325(毎週金曜日10:00~16:00)


●グーグル提供広告