あきた文学資料館 特別展示「明治150年 夏目漱石と秋田」(平成29年5月16日(火)~9月10日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.apl.pref.akita.jp/bungakushiryokan/tenji.html

——————–
あきた文学資料館 特別展示
明治150年 夏目漱石と秋田
      
 今年は、明治元年(1868)から数え150年目にあたります。慶応3年に生まれ、今年生誕150年を迎える夏目漱石は、明治と共に生き、新たな文体を作り出すために苦闘し、雑誌・新聞などのメディアを駆使した小説家です。その評価は依然として高く、国民的作家として絶大な人気を誇りますが、漱石は本県ゆかりの人物たちともかかわりが深い小説家です。そこで、県内に存在する漱石の直筆、作品や事跡から、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介します。
期間 平成29年5月16日(火)~平成29年9月10日(日)(7月16日一部展示替え)
※期間中の休館日は、毎週月曜日及び8月15・16日です。
場所 あきた文学資料館
時間 午前10時~午後4時
入場料 無料