東アジア古典学という大きな学問領域への多様な道を案内する「Reading Lists」を、科研「東アジア古典学の次世代拠点形成」(代表:齋藤希史)が公開。現時点での執筆は、德盛誠、田村隆、道坂昭廣、金沢英之、福田武史の各氏。

【Reading Lists
この文献リストは、東アジア古典学を学ぶ上で導入となるような文献を、本科研の参加・協力メンバーがそれぞれの関心や研究領域に応じて、自由に選んだものです。読者の対象としては、国内外の大学院生を念頭においていますが、他分野の研究者の方が、東アジア古典学とはどのような学問なのかというイメージをつかんでいただく材料にもなるのではないかと思います。執筆にあたっては、それぞれの持ち味をいかし、文献の重複は気にせず、東アジア古典学という大きな学問領域への多様な道を案内することを旨としました。お役に立てていただければ幸いです。(齋藤希史)】
詳細は以下より。科研プログラム「東アジア古典学の次世代拠点形成──国際連携による研究と教育の加速」(代表:齋藤希史)。
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/
●德盛誠氏
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/tokumori-makoto/
●田村隆氏
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/tamura-takashi/
●道坂昭廣氏
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/michisaka-akihiro/
●金沢英之氏
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/kanazawa-hideyuki/
●福田武史氏
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/reading-lists/fukuda-takeshi/