国立歴史民俗博物館、「近世職人画像データベース」を公開(カレントアウェアネス・ポータル)

【国立歴史民俗博物館が、2017年3月17日に「近世職人画像データベース」を公開したと発表しています。
17世紀から19世紀にわたる近世(江戸時代)の日本で商業出版された版本(板本)27タイトル(29種)の挿絵から、「職人」(諸職)の描かれた約3,000の画像を抜き出して、様々な角度から検索できるようにしたものです。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/33730