« 軽井沢高原文庫「浅間山噴火と軽井沢文学」展(2017年3月1日(水)~4月17日(月)) | メイン | 物語研究会3月例会(2017年3月18日(土)、日本大学文理学部) »

2017年3月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●松本章男『恋うた 百歌繚乱 ―和歌秀詠アンソロジー』『心うた 百歌清韻 ―秀詠アンソロジー』(紅書房)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

松本章男氏よりいただきました。

89381-316-9.jpg

●公式サイトはこちら
http://beni-shobo.com/book/316-9.html

『恋うた 百歌繚乱 ―和歌秀詠アンソロジー』

著者名/松本章男
出版年/2017年3月
定価/2,484円(税込)
版型/四六判
頁数/354
ISBN/978-4-89381-316-9

万葉から江戸末期まで、浮かびくる恋のあかし
記紀歌謡、万葉歌から江戸末期まで広く深く和歌の世界を渉猟している著者が、「恋」をテーマにした479首を取り上げ、解説や思いを述べる。伊勢や和泉式部、式子内親王、西行、定家などの燃えるような相聞歌から、涙をそそる別れの詠まで、三十一文字に結晶された、いにしえ人の情念を味わう絶好の書下ろし佳書。『心うた・百歌清韻』と同時発売。

89381-317-6.jpg

●公式サイトはこちら
http://beni-shobo.com/book/317-6.html

『心うた 百歌清韻 ―秀詠アンソロジー』

著者名/松本章男
出版年/2017年3月
定価/2,484円(税込)
版型/四六判
頁数/360
ISBN/978-4-89381-317-6

万葉から江戸末期まで、聞こえくる心のひびき
旅を、夢を、天象を、そして人の命や死を思い、古来さまざまな心が詠われてきた。それらを集めた部立て「雑」の歌514首を著者が万余の歌書から選びぬいた好アンソロジー。己の心を見つめ詠う歌人たちの思いを、味わい深く解説し、人間成就への道を思索する過程や心情を、当時の歴史的背景や歌書から読み取る書下ろし好著。『恋うた・百歌繚乱』と同時発売。


●グーグル提供広告