« 昭和文学会編集委員会編『昭和文学研究 第74集』(笠間書院) | メイン | 国立国語研究所 広報室 非常勤研究員(広報コミュニケ-ター)公募(2017年03月08日 ~ 2017年04月17日 必着  17時までに必着) »

2017年3月 7日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●今野真二『かなづかい研究の軌跡』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

4月上旬刊行予定です。

70843_k.jpg

今野真二『かなづかい研究の軌跡』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70843-4 C0095
A5判・並製・カバー装・206頁
定価:本体2,800円(税別)

国語学、日本語学は「かなづかい」をどのように採りあげ、そこにどのような問題意識を投影してきたのか。
「かなづかい」にかかわる、大野晋「仮名遣の起原について」、安田章「吉利支丹仮字遣」、亀井孝「〝準かなづかい〟をめぐる動揺くさぐさ」という3つの論文を「追実験=トレース」し、さまざまな問題について考えていく。

【かなづかい研究は国語学、日本語学の中に一つの位置を占めてきたと思われる。藤原定家によって「定家仮名遣」が考案され、鎌倉・室町時代を通じて、その「定家仮名遣」がひろく行なわれていた。それが江戸時代になって、契沖によって批判されるにいたった。こうした言説が記されている「日本語の歴史」にかかわる書物は少なくない。
 しかし、鎌倉・室町時代を通じて「定家仮名遣」がひろく行なわれていたということは「証明」されているのだろうか。そしてそうした時代の人はどうやって、「定家仮名遣」のことを知ったのだろうか。「定家仮名遣」ということについても、明らかにされていないことはなお多いのではないか。
 本書においては、かなづかい研究をもう一度、国語学、日本語学の枠組みの中に置き直し、かなづかい研究ということがらをめぐって、今までどのようなことが考えられてきたかを検証し、これからどうしていくか、ということを考えるきっかけとなることを目的とした。】

-----------

■著者紹介

今野真二(こんの・しんじ)

1958年、鎌倉市に生まれる。早稲田大学大学院博士課程後期退学、高知大学助教授を経て、清泉女子大学文学部教授。専攻は日本語学。
著書に、『仮名表記論攷』(清文堂出版、2001年、第三十回金田一京助博士記念賞受賞)、『文献から読み解く日本語の歴史』(笠間書院、2005年)、『消された漱石』(笠間書院、2008年)、『文献日本語学』(港の人、2009年)、『振仮名の歴史』(集英社新書、2009年)、『大山祇神社連歌の国語学的研究』(清文堂出版、2009年)、『日本語学講座』(清文堂出版、全10巻、2010-2015年)、『漢語辞書論攷』(港の人、2011年)、『ボール表紙本と明治の日本語』(港の人、2012年)、『百年前の日本語』(岩波新書、2012年)、『正書法のない日本語[そうだったんだ!日本語]』(岩波書店、2013年)、『漢字からみた日本語の歴史』(ちくまプリマー新書、2013年)、『常識では読めない漢字』(すばる舎、2013年)、『『言海』と明治の日本語』(港の人、2013年)、『辞書からみた日本語の歴史』(ちくまプリマー新書、2014年)、『辞書をよむ』(平凡社新書、2014年)、『かなづかいの歴史』(中公新書、2014年)、『日本語のミッシング・リンク』(新潮選書、2014年)、『日本語の近代』(ちくま新書、2014年)、『日本語の考古学』(岩波新書、2014年)、『「言海」を読む』(角川選書、2014年)、『図説日本語の歴史[ふくろうの本]』(河出書房新社、2015年)、『戦国の日本語』(河出ブックス、2015年)、『超明解!国語辞典』(文春新書、2015年)、『盗作の言語学』(集英社新書、2015年)、『常用漢字の歴史』(中公新書、2015年)、『仮名遣書論攷』(和泉書院、2016年)、『漢和辞典の謎』(光文社新書、2016年)、『リメイクの日本文学史』(平凡社新書、2016年)、『ことばあそびの歴史』(河出ブックス、2016年)、『学校では教えてくれないゆかいな日本語[14歳の世渡り術]』(河出書房新社、2016年)、『北原白秋』(岩波新書、2017年)などがある。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708434/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はじめに

序章 論の継承と展開

本書の目的/かなづかいの定義/変体仮名・異体仮名/仮名文字遣/仮名文字遣の概念/土井忠生の言説/高羽五郎の言説/「使い分け」について/機能的ということ/論の継承と展開
【註】

第1章 大野晋「仮名遣の起原について」
―カノンとしての定家

かなづかいの起原/分析方法/大野晋(一九五〇)の主張/仮名文字遣分析への展開/定家の〈乎〉/具体と抽象、あるいは個別と体系/結語
【註】

第2章 安田章「吉利支丹仮字遣」
―二つの「modo」

仮名勝ちに書かれた文献/どのようなキリシタン用語を使うか/片仮名本『サルバトル・ムンヂ』/かなづかいと片仮名/前期版(D2)の表記傾向/後期版(D4)のかなづかい/本語の書き方/『仮名文字遣』の状況/仮名文字遣/まず指摘されたことがら/結語
【註】

第3章 亀井孝「〝準かなづかい〟をめぐる動揺くさぐさ」
―「準かなづかい」を精査する

「ドチリナキリシタン」の諸本/「定家かなづかいの伝統」とのかかわり/「正書法」について/「排他」について/「かなづかい」をどのようにとらえるか/よみくせ/大塚光信の指摘/D2とD4との対照/D2の採る表記体/D4における「かなづかい」/かなづかいと表音とをつなぐ仮名文字遣/ヤ行化は室町頃に起こった/『落葉集』の場合―漢字を媒介にする/抄物の場合/『日葡辞書』の「カタブクル」/結語
【註】

あとがき
索引


●グーグル提供広告