« 観峰館「館蔵資料による 篆刻家の書画」(平成29年4月15日(土)~6月4日(日)) | メイン | 東洋文庫ミュージアム【企画展】「ナマズが暴れた!?安政の大地震展―大災害の過去・現在・未来」(2017年4月19日(水)~8月6日(日)) »

2017年3月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●三の丸尚蔵館 第76回展覧会「名所絵から風景画へ-情景との対話」(平成29年3月25日(土)~6月25日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai76.html

--------------------

三の丸尚蔵館 第76回展覧会について
1. 展覧会名
「名所絵から風景画へ-情景との対話」

2. 会期
平成29年3月25日(土)~6月25日(日)
 前期:3月25日(土)~4月23日(日)
 中期:4月29日(土・祝)~5月21日(日)
 後期:5月27日(土)~6月25日(日)
休館日:毎週月・金曜日,展示替の期間
 ただし,5月5日(金)は開館します。

開館時間:3月25日(土)~4月13日(木)
 午前9時~午後4時15分(入館は午後4時まで)
 4月15日(土)~6月25日(日)
 午前9時~午後4時45分(入館は午後4時30分まで)
三の丸尚蔵館について

休館日カレンダー

3. 概要
四季山水に恵まれたわが国では,古来より風光明媚な名所が和歌の歌枕として詠み込まれ,風雅なイメージが形成されていきました。そして名所を題材にした名所絵や歌絵は人々に親しまれ,様々な変遷を遂げて,現在の私たちが親しむ風景画へと発展してきました。本展では日本人の自然観の形成と深く関わる名所絵から,身近な光景に情緒や景趣を見出そうと試みた風景画まで,近世から近代にかけて描かれた作品を中心に紹介します。
名所絵や歌絵を日本の風景画の原点と考えるなら,鎌倉から室町時代にかけて伝来した中国の山水図は,そこに一石を投じ風景描写の幅を広げたと言えます。日本では見られない懸崖な山容や神仙思想に基づく崇高な山水の姿は絵師や文人たちの心を動かし,見ることのかなわない東洋の風景は憧憬の対象となり,一種の理想郷としてわが国でも描き継がれることとなります。
江戸時代に入ると,交通網が整備され,諸国の遊歴が盛んになったこともあり,これらの概念的な名所絵,山水図とは別に実景描写に基づく真景図が登場します。絵師たちは和歌に詠まれた名所を実際に訪ね,また新たな名勝地と遭遇し,写実的で真に迫った描写を行うようになりました。
そして明治時代以降,新たに流入した西洋画を目にした画家たちは伝統的な名所や有名な景勝地でなくても,自然の明暗や大気そのものが十分に画題となり得ることを知り,新たな風景画を展開していきます。
人の心に映る風景,そしてそれを写す人の心情―その景観は,豊かな人間性が培ってきた文化の奥深さの表象とも言えます。本展をご覧いただき,美しい景色に心を託すことの歓びを再認識していただければ幸いです。


●グーグル提供広告