« 笠間書院のメールマガジン [262号]刊行しました | メイン | 人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター研究員(広領域連携型基幹研旧プロジェクト担当)の公募【「異分野融合による総合書物学の構築」に係る職務を担当。主導機関:国文学研究資料館】(2017年03月31日 ~ 2017年04月28日 必着) »

2017年3月31日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●古典ライブラリーと青簡舎が共同で、「日本文学研究ジャーナル」を創刊。創刊号は特集「中古・中世の和歌」(編集、渡部泰明・佐々木孝浩)。季刊3・6・9・12月発行、オンラインジャーナルとしても配信。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

以下、古典ライブラリーによるプレスリリースより。

------

 古典ライブラリーは青簡舎と共同で、日本文学の研究季刊誌「日本文学研究ジャーナル」を創刊。雑誌として刊行するとともに、「日本文学Web図書館」のサイト内でオンラインジャーナルとしても配信します。

 オンラインジャーナルは雑誌が手に入りにくい海外研究者や国内の学生向けにしばらくは無料配信としますが、一定部数の雑誌定期購読があれば、無料配信を更に継続する予定です。是非、この試みにご賛同・ご支援いただき、雑誌の年間購読をお申込みいただきたい。なお、オンラインジャーナルの創刊号は、4月10日から配信する予定です。

------

詳細は以下で。
「日本文学研究ジャーナル」を創刊しました!(古典ライブラリー)
http://www.kotenlibrary.com/journal/


001hyoushi.jpg

「日本文学研究ジャーナル」創刊号
特集「中古・中世の和歌」(編集、渡部泰明・佐々木孝浩)
平成29年3月30日発行(季刊3・6・9・12月発行)
第一号 定価1,600円+税(書店での取扱いはありません)

お申込みは、①お名前 ②送付先 ③電話番号 ④勤務先 ⑤メールアドレス
⑥号数、もしくは開始年月号を明記の上、FAXまたはE-mail でお申込みください。
研究費・公費の場合はその旨、お書き添えください。
Fax 050-3737-2221  E-mail kotenlibrary@gmail.com

【目次】

巻頭エッセイ 藤原定家全歌集の注釈についての回想(久保田 淳)

・「左は内の御歌なりけり、まさに負けむやは」─ 亭子院歌合における二、三の問題 ─(久保木哲夫)
・伊達本古今和歌集の性格 ─定家本『古今集』の本文異同について─(舟見一哉)
・藤原重家の詠法 ─典拠のある作を中心に─(田口暢之)
・後嵯峨院歌壇の再検討 ─『亀山殿五首歌合』を中心にして─(佐々木孝浩)
・『建保五年右大将家歌合』考 ─源通光と後鳥羽院をめぐって─(米田有里)
・足利将軍と随従型紀行文について ─義教の富士下向を中心に─(山本啓介)
・正徹和歌と『源氏物語』─「我はさらに源氏と思ひてはよみ侍らず」─(高柳祐子)

特別寄稿 兼好法師の伊勢参宮─ 祭主大中臣氏との関係を考証し出自の推定に及ぶ ─(小川剛生)


●グーグル提供広告