司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎の軌跡3『街道をゆく』(2017年3月7日(火)~7月30日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.shibazaidan.or.jp/exhibition/

——————–
【開催期間】 2017年3月7日(火)~7月30日(日)
 『街道をゆく』は1971(昭和46)年から96(平成8)年に亡くなるまでの25年間、「週刊朝日」に連載されました。司馬遼太郎は、国内だけでなく、アジアやヨーロッパ、アメリカなど世界の国をみつめ、日本とは、日本人とはなにか、を考え続けました。
 企画展では、国内や海外の司馬遼太郎が歩いた各街道を壁面の地図に図示し、地図を囲むように、取材当時の写真やそれぞれの街道の「現在」をとらえた写真を掲示しました。
 今回は、ほとんど公開することのなかった司馬遼太郎が取材旅行に持っていった愛用品を特別に展示します。他に取材ノートや旅で使用した地図、須田剋太氏、桑野博利氏、安野光雅氏、司馬遼太郎が描いた挿し絵などを通して『街道をゆく』を立体的に展示します。
 今回の展示は2015年から開催している「司馬遼太郎の軌跡」シリーズの3回目です。
【主な展示品】
・取材旅行で着用したアウター
・取材旅行に持っていったシャツとバンダナ
・取材旅行で使用した長靴
・取材旅行で使用した手提げ袋
・取材旅行で携行した携帯ポット
・「神田界隈」取材ノート
・「本郷界隈」取材ノート
・「愛蘭土紀行」取材ノート
・取材で使用した地図(国内、海外)
・オランダ取材時に購入した置物  など
ホールでは「街道をゆく」に関連する映像を上映しています。
・10時30分から毎時30分「時空の旅人」(15分)
・11時から毎時00分「街道をゆく 三浦半島記」(29分)。