« 仏教文学会4月例会・《シンポジウム》奈良時代の高僧の「伝」と「肖像」―古代から中世へ―(平成29年4月29日(土)14時~17時30分、池坊短期大学洗心館5F 52教室) | メイン | 若木書法會(國學院大學文学部書道研究室)會誌『若木書法 十六』(2017年2月28日発行) »

2017年3月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川県立金沢文庫・薪能講座「謡曲『六浦』と狂言『朝比奈』の背景」【西岡芳文(神奈川県立金沢文庫学芸課長)】(平成29年4月22日(土曜日)、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公開講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/evt/p1122305.html

--------------------

※申し込み方法は上記サイト参照のこと。

【金沢称名寺を舞台とした能「六浦」は、名木「青葉楓」の妖精が登場する叙情的な名曲として知られています。冷泉為相が鎌倉時代の称名寺を訪れたのは事実か、青葉楓がモデルとなった理由はなぜか、その辺の事情を追究してみたいと思います。また狂言「朝比奈」と朝比奈切り通しの関係についてもふれてみたいと思います。】

【日時】平成29年4月22日(土曜日)   
午後1時30分 - 3時00分

【講師】西岡芳文(神奈川県立金沢文庫学芸課長)

【会場】金沢文庫大会議室

【定員】100名(応募者多数の場合は抽選)

【申込締切】4月9日(日曜日)


●グーグル提供広告