« 東洋文庫ミュージアム【企画展】「ナマズが暴れた!?安政の大地震展―大災害の過去・現在・未来」(2017年4月19日(水)~8月6日(日)) | メイン | 高志の国文学館開館5周年記念 観桜の集い2017 in高志の国文学館(平成29年4月9日(日)) »

2017年3月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●鎌倉国宝館 平常展―中世鎌倉寺社絵図を中心に―(平成29年3月18日(土)~4月16日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/28tennjikai.html

--------------------

「平常展―中世鎌倉寺社絵図を中心に―」 

平常展では、鎌倉国宝館が所有、あるいは館に寄託されている鎌倉地方の文化財を展示します。特に、今回の展覧会では、鎌倉の寺社などで制作された数々の古絵図の中から、中世鎌倉寺社の姿を伝えたものを厳選してご紹介します。これらの古絵図から、中世鎌倉の寺社境内や建築物、その近隣の町屋の姿に思いを馳せていただければ幸いです。

開催期間 平成29年3月18日(土)~4月16日(日)
開館時間 午前9時~午後4時半(入館は午後4時まで)
休館日 月曜日(ただし、3月20日(月・祝)は開館、3月21日(火)を休館)
主 催 鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)
観覧料 一般300円(210円)、小中学生100円(70円) 。( )内は20名以上団体料金。

※ 鎌倉市内の小・中学生と、市内在住の65歳以上の方、または身体障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料となりますので、受付で学生証・手帳等を呈示してください。


●グーグル提供広告