« 漢字文化圏近代語研究会(2017年3月25日(土)、韓国ソウル市延世大学校) | メイン | 日文研木曜セミナー・荒木 浩「周回する日本研究―海外での古典教育とそのロード―」(2017年4月20日、国際日本文化研究センター セミナー室1、入場無料、研究者限定〈先着80名〉申し込み不要) »

2017年3月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●北海道立文学館 特別展「『手仕事の日本』と民藝の思想 ―柳宗悦、暮らしの中の美を綴る―」(2017年2月4日(土)~3月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html

--------------------

会期:2017年2月4日(土)~3月26日(日)

「民藝(民衆的工藝)」とは柳宗悦が生み出した言葉で、名も無き職人が民衆のためにつくった、「健全な美」をそなえる暮らしの道具をあらわします。西洋化・機械化が進み、各地の伝統技術が急速に廃れた大正・ 昭和の時代、柳は手仕事による工芸品の美 しさを訴える著作を多数発表し、民藝運動を 全国に巻き起こしました。
中でも『手仕事の日本』(1948年)は初めて民藝に触れる青少年のために書かれた案内記で、柳が全国の工芸品を鋭くも愛情深く 見つめ続けた約20年の調査の集大成と言えます。本展では柳が綴った文章とともに旅をするように、今も伝統が続く手仕事の品々をご覧いただきます。ほかにも、同世代の文学者との交流を深めた文芸雑誌『白樺』掲載の批評文、民藝思想を世に問うた数々の著作、晩年の心境を端的にうたった「心偈」、さらには民藝運動に賛同した棟方志功や芹 沢銈介の作品も展示いたします。
日本近代思想史に確かな足跡を残した民藝思想。「民藝」という言葉が生まれて90年が経った今、柳を夢中にさせた手仕事の品と彼のユニークな思想の発展をたどり、民藝思想が今に至るまで人々を魅了し続けている理由を探ります。

展覧会チラシ (PDF形式:約1.7MB)

観覧料 一般500(400)円、高大生250(200)円、小中学生以下・65歳以上の方 無料
( )内は10名以上の団体料金
休館日 毎週月曜日、3月21日(火)
※ただし3月20日(月・祝)は開館
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館、北海道新聞社
企画協力 海青舎
後援 北海道、札幌市・札幌市教育委員会
図録 ≪民藝≫との遭遇 (展覧会図録ページへ)


●グーグル提供広告