« 平成29年度 万葉古代学東京講座(2017年5月14日(日)/6月11日(日)/7月30日(日)、奈良まほろば館(東京都中央区)※要申込) | メイン | 並木の里 第83号(『並木の里』の会) »

2017年3月22日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●蜂矢真郷著『阪大リーブル058 古代語の謎を解くⅡ』(大阪大学出版会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

大阪大学出版会さまよりいただきました。

87259-440-9.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-440-9.html

阪大リーブル058
古代語の謎を解くⅡ

蜂矢真郷 著
四六判 268ページ 並製
定価2100円+税
ISBN978-4-87259-440-9 C1381
奥付の初版発行年月:2017年03月

内容紹介

古代の日本人はどんな言葉を使っていたのだろうか.現代日本語とどこでつながり,どこで切れているのだろうか.例えばツマ[妻・夫]とトモ[友・伴],モミチ[黄葉・紅葉]とカヘルテ[楓]などの類義語や,「ウマシ」「アハレ」などの語について,最新の研究の一端をわかりやすく述べる.好評を博した既刊『古代語の謎を解く』(大阪大学出 版 会,2010年 ) の 続 編 と して,Handai-Asahi中之島塾の講義の成果をまとめる.


●グーグル提供広告