« 野網摩利子著『漱石の読みかた 『明暗』と漢籍』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉) | メイン | 【Delve into Japanese Culture@ I-House】 桂三輝が語る、「落語」と「RAKUGO」講師:桂三輝(落語家)(2017年6月28日(水)、国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール ※要予約) »

2017年2月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【P&Pギャラリー】 印刷書体のできるまで 活字書体からデジタルフォントへ(2017年3月11日(土)~6月18日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/170311/index.html

--------------------

金属活字、写真植字を経てCTS、DTPへ、印刷書体の変遷を辿ります。

書き文字から活字を使用した活版印刷、写真のように文字を映し出す写真植字、コンピュータを使ったCTS、DTPへ。印刷で使用される文字のあり方は時代によってさまざまに移り変わってきました。
普段あまり意識することのない印刷の文字のかたち=書体には、さまざまな「読ませる」工夫が詰まっています。印刷書体の制作工程から、その工夫を紹介します。

会 期 :2017年3月11日(土)~2017年6月18日(日)
休館日 :毎週月曜日(ただし3月20日(月・祝)は開館)、3月21日(火)
開館時間 :10:00~18:00
入場料 :無 料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です


講演会

凸版文久体製作にかかわった方々に書体制作のあれこれをお話しいただきます。

■講演会【事前予約制】
 2017年3月11日(土) 14:00~16:00
 祖父江慎(コズフィッシュ)

 2017年5月20日(土) 14:00~17:00
 伊藤親雄(字游工房)×岡野邦彦(Shotype Design)

 2017年6月3日(土) 14:00~16:00
 小宮山博史(佐藤タイポグラフィ研究所)

 会場 : 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階)
 定員 : 80名
 料金 : 無料(印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です)

 応募開始 2017年2月21日(火) 10:00~ 
 ※先着順、申込後受付番号をお知らせし、申し込み完了となります。
  定員になり次第申込を締め切ります。

詳細はこちら>>

ワークショップ

■ワークショップ「フォントをつくろう」【抽選】
 2017年4月15日(土) 10:30~17:00
 鳥海修(字游工房)

 会場 : 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階)
 定員 : 抽選4組(1組 5名まで)
 料金 : 1組 3000円(当選後、料金のお振込をもって受付完了とさせていただきます)
 応募条件:グループで1台のノートPCを持参できる(OSはMac/Windowsどちらでも可)
      上記PCにてAdobe Illustratorを使うことができる(バージョンは問いません)

 応募期間 2017年3月14日(火)10:00~3月28日(火) 18:00

詳細はこちら>>


●グーグル提供広告