« 名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センター『JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 特集:文化に媒介された環境問題』第8号(笠間書院・発売) | メイン | 入口敦志著『漢字・カタカナ・ひらがな 表記の思想』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉) »

2017年2月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●今西祐一郎 著『死を想え 『九相詩』と『一休骸骨』』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

国文学研究資料館さまよりいただきました。

252859.jpg

死体の変容をつぶさに追う観想の文学『九相詩』、骸骨が生き、愛し、死ぬ物語『一休骸骨』に、この国の死生観をみる。

シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
出版年月 2016/12
ISBN 9784582364415
Cコード・NDCコード 0391 NDC 910.2
判型・ページ数 A5 92ページ

版元公式ページ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b252859.html


●グーグル提供広告