« 武藤那賀子『うつほ物語論 物語文学と「書くこと」』(笠間書院) | メイン | 鳥取県立図書館・伊良子清白をめぐるー漂泊の詩人が書き留めた日記ー(平成29年1月21日から2月27日まで) »

2017年2月14日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●大塚千紗子『日本霊異記の罪業と救済の形象』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

3月上旬刊行予定です。

70835_k.jpg

大塚千紗子『日本霊異記の罪業と救済の形象』
ISBN978-4-305-70835-9 C0093
A5判・上製・カバー装・276頁
定価:本体5,800円(税別)

人はどのように苦しみ救いを得ているのか

恋や愛という他者への欲望から生まれる罪業と葛藤、
そして聖人の救済が描かれる『霊異記』。
奈良末期から平安朝前期において、漢訳仏典の語や教理の深淵に
人間の心の様相を求め、存在の在り方を探った仏教説話集である。
これまでは仏教学、思想史学、歴史学、国語学方面からのアプローチが
ほとんどであったが、「文学」の対象に据えたとき、
物語の持つあらたな構造が浮かび上がる。
作品論的読解により、中国説話集の未熟な模倣作とされた評価を覆す。

【......『霊異記』とは、罪業に起因する仏教的因果について、人間の自己認識を根幹に据えた書物であると考える。罪人が罰せられることによって説話の語りが閉じるのではなく、罪を犯さざるを得ない人間の業を、編者は自らの内省と照らし合せて描こうとしたのではないか。人間の欲望からなる罪業を語るのみではなく、欲望を超克し、罪業の救いを目指す『霊異記』の志向を、個々の説話の検討を通して掬い上げることが本書の目的である。
......「序章 『日本霊異記』における罪業観と救済の構造」より】

-----------
■著者紹介

大塚 千紗子(おおつか ちさこ)

一九八六年、東京都に生まれる。二〇〇九年、和洋女子大学人文学部日本文学科卒業。二〇一六年、國學院大學大学院文学研究科文学専攻博士課程後期修了。学位取得、博士(文学・國學院大學)。現在、國學院大學兼任講師。著書に『古事記歌謡注釈 歌謡の理論から読み解く古代歌謡の全貌』(共著、 辰巳正明監修、新典社、二〇一四年)など。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708359/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

本書の試し読みはこちら
http://hanmoto.tameshiyo.me/9784305708359

-----------

【目次】

凡例

序章 『日本霊異記』における罪業観と救済の構造
一 本書の目的と方法
二 『霊異記』における罪業観と救済の構造
三 本書各論の概要

第一部 罪業の形象

第一章 狐妻説話における主題―愛欲の表現と異類婚姻譚―
はじめに
一 『霊異記』に見る狐妻説話とその主題
二 狐の変化と「姝しき女」への眼差し
三 異類婚における愛欲
おわりに

第二章 狐妻説話における恋歌―「窈窕裳襴引逝也」との関係を通して―
はじめに
一 狐妻説話の変容と歌の意義
二 当該歌の先行研究
三 「窈窕」の表現性
四 散文部「裳襴引逝也」の表現性
五 『万葉集』における類歌
六 「ほのか」と「はろか」
おわりに

第三章 「愛心深入」における女の因業
はじめに
一 「愛心深入」における文脈の問題点
二 『霊異記』の夢見
三 神識にみる人間の心的作用
四 女の「愛心深入」
おわりに

第四章 婬泆なる慈母―子の孝養における救済―
はじめに
一 問題の所在
二 「天骨婬泆」の意味
三 婬泆の母・悪逆の子
四 孝の思想と『父母恩重経』
五 仏の導きと子の孝
おわりに

第五章 盲目説話の感応と形象―古代東アジア圏における信仰と奇瑞―
はじめに
一 盲目の母
二 盲目治癒説話における願
三 「郷歌」にみる母子の盲目譚
四 『雑宝蔵経』に見える盲目説話
五 『霊異記』の宿業の病と感応
おわりに

第六章 宿業の病と無縁の大悲
はじめに
一 『霊異記』の病と宿業
二 無縁の大悲と無相の妙智
三 『霊異記』説話と無縁の大悲
おわりに

第二部 〈聖人伝〉の形象

第一章 聖徳太子の片岡説話―「出遊」に見える〈聖人伝〉の系譜―
はじめに
一 聖徳太子片岡説話伝承の位相
二 釈迦の出家における遊観・出遊
三 聖徳太子伝承と『梁高僧伝』
おわりに

第二章 『霊異記』が語る行基伝―聖人の眼をめぐって―
はじめに
一 『霊異記』の行基説話と分類
二 聖人が備える天眼とその機能
三 天眼の菩薩・通眼の聖人
おわりに

第三章 行基詠歌伝承と烏の形象
はじめに
一 行基の詠歌
二 烏の形象と歌の伝承
三 婆羅門僧正と行基との贈答歌
四 行基の嘆きと歌の意義
おわりに

第四章 「外道」なる尼―女人菩薩説話の形成―
はじめに
一 肉団からの異常出生
二 尼と神人
三 外道なる尼
おわりに

終章 編者景戒の夢見と『日本霊異記』説話との関係性
一 『霊異記』下巻第三十八縁―二つの夢見と夢解―
二 延暦六年の夢
三  延暦七年の夢
四 本書各論の結論

初出論文一覧
あとがき
索引(書名・事項)


●グーグル提供広告