国立国会図書館(NDL)、国際図書館連盟(IFLA)が策定した、貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画に関するガイドラインの日本語訳を掲載(カレントアウェアネス・ポータル)

【2017年2月13日、国立国会図書館(NDL)は、国際図書館連盟(IFLA)の貴重書・特別コレクション分科会(Rare Book and Special Collections Section)が2014年9月に策定したガイドライン”Guidelines for Planning the Digitization of Rare Book and Manuscript Collections”の日本語訳『貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画のガイドライン』を掲載しました。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/33458