« 【P&Pギャラリー】 印刷書体のできるまで 活字書体からデジタルフォントへ(2017年3月11日(土)~6月18日(日)) | メイン | 第335回 東海大学文学部 知のコスモス講演会 公開講座「能・謡曲と源氏物語 第二回 『野宮』『葵上』」(2017年3月19日(日)※入場無料、事前予約必要なし) »

2017年2月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【Delve into Japanese Culture@ I-House】 桂三輝が語る、「落語」と「RAKUGO」講師:桂三輝(落語家)(2017年6月28日(水)、国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール ※要予約)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.i-house.or.jp/programs/publicprogram20170628/

--------------------

【Delve into Japanese Culture@ I-House】
桂三輝が語る、「落語」と「RAKUGO」

講師: 桂三輝(落語家)
日時: 2017年6月28日(水) 7:00~8:30 pm
会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
用語: 英語 (通訳なし)
会費: 1,000円
(学生は500円、国際文化会館会員と前日もしくは当日、国際文化会館にご宿泊の方は無料)
2017年4月からの本シリーズの料金体系を見直し、よりご参加いただきやすくなりました。※要予約 お申し込み
英語で日本文化を学びたい方に向けて、英語講座を開催しています。今回はカナダ人落語家の桂三輝さんをお招きします。日本各地を始め、英語落語でワールドツアーも行っている三輝さんに、落語の楽しみ方、歴史、文化背景、英語落語などについてたっぷりお話しいただきます。講座の中で、一席ご披露いただく予定です。

桂三輝(かつら・さんしゃいん)

カナダ・トロントにてスロヴェニア系の両親の元に生まれる。トロント大学で古典演劇を学び、劇作家・作曲家として在学中にアリストパネスの喜劇の翻訳やアダプテーション、実演などを始める。1999年に能と歌舞伎を学ぶために来日。2007年に大阪芸術大学大学院舞台芸術研究科に入学、創作落語を研究。2008年9月、六代桂文枝(当時桂三枝)に弟子入りが認められ、桂三輝と命名される。2009年にシンガポールにて英語落語で初舞台を踏み、3年の修業を経て2012年11月に上方落語界初、戦後日本初外国人落語家となる。

2014年より落語ワールドツアーを行い、これまで日本各地をはじめ、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、オーストラリア、スリランカ、香港、タイ、ガーナ、セネガル、南アフリカなどで日本語と英語で落語を披露してきた。2013年に在日カナダ商工会議所文化大使に、2015年には日本スロヴェニア親善大使に就任。2017年9月には演劇の本場ロンドンの「レスター・スクエア・シアター」にて公演を予定している。桂三輝公式HPはこちら。


●グーグル提供広告