« 20世紀メディア研究所 : 第110回研究会(2017年3月18日(土)、早稲田大学早稲田キャンパス) | メイン | 能楽公開講座「狂言の芸の伝承と流儀」講師:網本尚子氏(平成29年4月25日(火)、国立能楽堂大講義室 ※要申込【4月4日(火)必着】) »

2017年2月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国立能楽堂 資料展示室 企画展「能絵の世界」第lll期(2017年2月28日(火)〜3月17日(金)【入場無料】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ntj.jac.go.jp/nou/event/5846.html

--------------------

国立能楽堂 資料展示室
入場無料

タイトル 企画展 能絵の世界
内容 室町時代から近代まで、演能の様子を描いた「能絵」は、演出や装束の変遷を知ることができる貴重な史料です。その中でも有名な「能絵鑑」は、宇和島伊達文化保存会、野上記念法政大学能楽研究所及び国立能楽堂が所蔵するもので、極めて豪奢で大部の仕様の能絵として知られています。この三本は、これまでの研究で、六代将軍徳川家宣の頃に描かれ、相互に関わりがあることが報告されています。今回、この三本を初めて一堂に展示して比較検討し、それぞれの成り立ちや特徴を具体的に解明します(宇和島本は第Ⅰ期のみ)。
併せて、国立能楽堂2月公演「月間特集 近代絵画と能」と関わりの深い松岡映丘筆「屋島の義経」(東京国立近代美術館蔵)を展示します。
期間
平成29年1月4日(水)~3月17日(金)
第Ⅰ期 1月4日(水)~1月29日(日)
第Ⅱ期 1月31日(火)~2月26日(日)
第Ⅲ期 2月28日(火)~3月17日(金)
時間 午前10時~午後5時
休室日 月曜日(祝日の場合は翌日)
国立能楽堂主催による下記の夜公演をご鑑賞のお客様は、開場から休憩時間終了時まで、展示をご覧頂くことができます。
1月20日・1月27日・2月24日


●グーグル提供広告