« 第21回谷崎潤一郎研究会(2017年3月26日(日) 、愛知淑徳大学 星ヶ丘キャンパス 1号館2階 12A教室) | メイン | 国文学研究資料館特定有期雇用職員特任研究員(特任助教)の公募[古典籍共同研究事業センター]【当該事業システムの構築と、検索ログ分析や研究者コミュニティの要望による改善、オープンデータや国際流通の技術・規格への対応】(2017年04月21日17時必着) »

2017年2月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●黒史郎×一柳廣孝×山中智省×大橋崇行「ライトノベルは越境する!」/『ライトノベル・フロントライン3』(青弓社)刊行記念(2017年3月13 日(月)20:00〜、下北沢B&B)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

トークイベント情報です。

●公式サイトはこちら
http://bookandbeer.com/event/20170313_bt/

--------------------

※予約は上記サイトより。

2017年3月13 日(月)20:00〜、
下北沢B&B
http://bookandbeer.com/map/

【中学生・高校生からアラフォーまでの読者を引き付け、一大ジャンルへと成長したライトノベル。ラノベは、マンガ・アニメへと越境して多メディア展開を果たすと同時に、各メディアから越境してくる作品も受け入れています。

一方で、刊行スピード・サイクルが早いうえに、いまや文庫だけでなくカルロ・ゼン『幼女戦記』などのように四六判などの判型で文芸書扱いでのレーベルも刊行されています。作品内容も非常に多岐にわたっていることもあり、ラノベがもつ懐の深さや魅力、ポテンシャルはいまだつかまえにくい状況です。

現在のラノベがもつ可能性はどこにあるのでしょうか?  

本イベントでは怪異怪談を扱う作品を多く世に放ち、ラノベも執筆している黒史郎さんをゲストに迎えて、『ライトノベル・フロントライン3』で特集したメディアミックスの視点から、ラノベの「いま」と「これから」を議論します。作家と評論家・研究者とが真正面から語り合う貴重なイベントです。

みなさま、ぜひ足をお運びください。】

【出演者プロフィール】
黒史郎(くろ・しろう)
作家。2007年、「夜は一緒に散歩しよ」で第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞を受賞。著書に『実話蒐録集』シリーズ(竹書房)、『乱歩奇譚』シリーズ(光文社)、『童提灯』(創土社)、『怪談撲滅委員会 死人に口無し』(KADOKAWA)など多数。

一柳廣孝(いちやなぎ・ひろたか)
横浜国立大学教員。専攻は日本近現代文学・文化史。著書に『〈こっくりさん〉と〈千里眼〉』(講談社)、『催眠術の日本近代』(青弓社)、『無意識という物語』(名古屋大学出版会)など。

山中智省(やまなか・ともみ)
目白大学教員。専攻は日本近代文学、サブカルチャー研究。著書に『ライトノベルよ、どこへいく』(青弓社)など。

大橋崇行(おおはし・たかゆき)
作家。東海学園大学教員。専攻は日本近代文学。小説に『レムリアの女神』(未知谷)、評論に『ライトノベルから見た少女/少年小説史』(笠間書院)など。


●グーグル提供広告