« 「鎖国」表記消える 新たに「ムスリム商人」 歴史教育もグローバル対応(産経新聞) | メイン | 週刊読書人(2017.2.17、3177号)に、日比嘉高『文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア』(笠間書院)の書評が掲載されました[評・中川成美] »

2017年2月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●青森県近代文学館 収蔵資料展「青森県俳句懇話会寄贈資料展」(平成29年2月25日(土)~5月24日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/viewer/info.html?id=96

--------------------

【青森県俳句懇話会寄贈資料展】
青森県俳句懇話会は1959(昭和34)年に創立されます。超結社の横断的組織として半世紀以上も様々な取り組みをしてきました。特に「新青森県句集」の刊行は県内外から注目されている事業です。今年第28集の刊行となりました。投句者数も未だ500人にのぼります。平成27年度の事業の一つとして、会員所蔵の貴重な資料を会で収集し、一括して青森県近代文学館に寄贈することとなり、平成28年3月25日、贈呈式を挙行しました。資料点数600点余。本展ではその中から選りすぐりの資料を展示いたします。

会期:平成29年2月25日(土)~5月24日(水)
開館時間:9:00~17:00
※入館無料

【関連イベント】

◆朗読会&トークイベント
日時:平成29年5月21日(日)13:30~15:00
会場:青森県近代文学館 企画展示室前ロビー

朗読会13:30~14:00
演題:『われに五月を』―若き寺山と成田千空―
朗読:青森県近代文学館解説員
トークイベント14:00~15:00
演題:「没後10年 成田千空を語る」
講師:齋藤美穂氏(千空研究会調査研究員)
西谷ともえ(青森県近代文学館文学専門主幹)
※入場は無料です。また、事前のお申し込みは不要です。
参加ご希望の方は、当日会場にお越し下さい。

◆展示解説
会場:青森県近代文学館 企画展示室
 日時は以下の通りです。
  
  2月26日(日)  14:00~14:30
  3月12日(日)  14:00~14:30
  3月19日(日)  14:00~14:30
  3月26日(日)  14:00~14:30
  4月2日(日)   14:00~14:30
  4月9日(日)  14:00~14:30(13:30~14:00常設展示解説も行います)
  4月16日(日)  14:00~14:30
  4月23日(日)  14:00~14:30(13:30~14:00朗読会)
  4月30日(日)  14:00~14:30
  5月7日(日)   14:00~14:30
  5月14日(日)  14:00~14:30(13:30~14:00常設展示解説も行います)

◆朗読会
解説員が青森県を代表する作家の作品を紹介します。
日曜の昼下がりの30分間、ゆったりと朗読を聞いてみませんか。
時間:13:30~14:00
会場:青森県近代文学館 企画展示室前ロビー

第1回:4月23日(日)
佐藤紅緑「少年讃歌」
「理想」「勇気」「希望」という、紅緑から少年たちへの強い思いが込められた作品。

【エクステンド常設展示「佐藤紅緑と福士幸次郎―師友の系譜―」】
青森県近代文学館が常設展示してきた青森県を代表する13人の作家たちに新しい視点で迫る「エクステンド常設展示」、今期は俳句・劇作家・小説家として活躍した佐藤紅緑(1874~1949)と口語自由詩の先駆者である福士幸次郎(1889~1946)の二人に焦点を当てます。
本展では、佐藤紅緑と福士幸次郎の直筆資料のほか、諸作家との繋がりが見える資料を多数展示し、明治から昭和に至るまでの、青森県出身の文学者を軸とした人間関係の重厚さに迫ります。

会期:平成28年12月22日(木)~5月28日(日)
開館時間:9:00~17:00
※入館無料
それぞれの詳細は、下記当館公式サイトにも掲載いたしております。
http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/viewer/info.html?id=30
皆様のご来館を心よりお待ちしております。


●グーグル提供広告