« 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター 連続講座H 音楽実践をもって徳を積む ~平安後期・鎌倉期の管絃講(往生講式)、そのこころ~講師:田鍬智志氏(2017年3月10日(金)、京都市立芸術大学・3月11日(土)、専修寺京都別院 ※要申込) | メイン | 語彙研究会(第108回例会発表会)(2017年3月4日(土)、愛知学院大学大学院栄サテライト) »

2017年2月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●勿来関文学歴史館 企画展「絵のなかの勿来関」(平成29年2月16日(木)~5月16日(火))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://iwakicity-park.or.jp/archives/6230

--------------------

1 会期
平成29年2月16日(木)~平成29年5月16日(火)
休館日:3月15日(水) 4月19日(水)

2 料金
一般 320円(270円) 大高中 220円(160円) 小学生 160円(110円)
( )内は20名様以上の団体料金
※無料になる場合
市内に住所を有する65歳以上の方
身障者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
市内の小・中・高・専修・高専生。 (ただし、土曜日と日曜日のみ)

3 趣旨
勿来関は、源義家の和歌で知られ、それを題材にした絵画作品がたくさん描かれてきました。当館では、勿来関を描いた絵画を十数点収蔵していますが、その多くは義家とともに描かれたものです。当館の所蔵する掛軸を中心に、勿来関を描いた絵画を展示します。一足早い春を、絵画で体験しましょう。

4 主な展示品(全12点)
当館所蔵(12点)
1、八万太郎名古曽之関図 6点
額装 2点
軸装 4点
2、立原杏所「勿来山海臨眺」
3、立原杏所「陸前浜街道紀行巻」(複製) 2点
名古曽切り通し
九面
4、改正陸奥岩城四郡境界路程全図 1点
5、西山宗因「宗因奥州紀行巻」 1点
6、義家朝臣鎧着用図 1点

5 会期中のイベント
○桜のポップアップカードをつくろう
勿来関は春の関所として有名です。桜の花を眺めながら、桜の木の飛び出す絵葉書を作りましょう。
・日時:平成29年4月15日(土) 10時00分~12時00分
・会場:吹風殿
・講師:当館職員
・費用:無料
・募集定員:20名
・申込方法:平成29年4月14日(金)17時までに、お電話でお申込みください。
(小学生以下のお子様は、親子でお申込みください)


●グーグル提供広告