« 出版法制研究部会(2016年度第2回研究会)「キュレーションサービスにおける編集のあり方」(2017年2月20日(月)、日本大学危機管理学部 ※要申込) | メイン | シンポジウム「歴史学の担い手をいかに育て支えるか  〜日本歴史学協会「若手研究者問題」アンケート調査中間報告から〜」(2017年3月4日(土)13時〜、駒澤大学駒沢キャンパス1号館204教場) »

2017年2月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本伝統音楽研究センター第46回公開講座「長唄の形と道―立誠校で今藤政太郎客員教授にきく―」(平成29年2月12日(日)、元立誠小学校(京都市中京区)※要申込【2.9必着】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/lecture/2016/0212.html

--------------------

日本伝統音楽研究センター第46回公開講座
「長唄の形と道―立誠校で今藤政太郎客員教授にきく―」

チラシ(PDF)ダウンロード

内容
歌舞伎とともに発達した三味線音楽「長唄」。その歴史と価値を振り返り、京都・日本の音楽文化を展望します。
今藤師は、長唄三味線の演奏と作曲の第一人者として、歌舞伎俳優、和・洋の舞踊家、演出家、映画監督等の厚い信頼を受け、多分野で繊細な感性を発揮されてきました。立誠校・銅駝校などで過ごした戦争前後の思い出、亡父で囃子方家元の四世藤舎呂船との先斗町での指導、古典の様式論、復曲への取り組みなど、貴重な芸談の数々に御期待ください。

講師・お話 今藤 政太郎 <邦楽家(長唄三味線方・作曲家)
重要無形文化財保持者(人間国宝)
京都市立芸術大学客員教授>

冒頭挨拶 鷲田 清一(京都市立芸術大学学長)
コメンテーター 時田 アリソン(日本伝統音楽研究センター所長)
司会・構成 竹内 有一(日本伝統音楽研究センター准教授)

日時
平成29年2月12日(日) 13時-15時(開場は午後0時30分)

会場
元 立誠小学校 3階自彊室(じきょうしつ)
(京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2)

受講料
1000円

定員
100名(全席自由・要申込、但し定員に余裕がある場合は当日申込も受付けます。)

お申込み方法
申込期間
平成29年1月10日(火)~2月9日(木)必着
※ 定員に余裕がある場合は、当日申込も受け付けます。
申し込み方法 はがき、FAX、電子メールのいずれかの方法により、郵便番号、住所、
氏名、電話番号(FAX番号)、「第46回 公開講座」希望と明記のうえ、事務局連携推進課(事業推進担当)までお申し込みください。
※ 申込多数の場合は抽選とします。
申込先
京都市立芸術大学 事務局連携推進課(事業推進担当)
(問い合わせ)     
〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6
〔電話〕
075-334-2204
※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
〔FAX〕
075―334-2241
〔電子メール〕
public@kcua.ac.jp
問い合わせフォーム

主催
京都市立芸術大学

共催
立誠・文化のまち運営委員会


●グーグル提供広告