« シンポジウム「歴史学の担い手をいかに育て支えるか  〜日本歴史学協会「若手研究者問題」アンケート調査中間報告から〜」(2017年3月4日(土)13時〜、駒澤大学駒沢キャンパス1号館204教場) | メイン | 平成28年度 第9回伝音セミナー「下掛宝生流の謡を聞く」進行役:高橋葉子氏(平成29年3月2日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター) »

2017年2月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●古田織部美術館「古田織部と慶長年間のかぶき者」(平成29年1月21日〔土〕~ 5月14日〔日〕)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.furutaoribe-museum.com/exhibition.html

--------------------

※上記サイトに展示品リストあり。

平成29年1月21日〔土〕~ 5月14日〔日〕
※会期中、展示品を一部入れ替えます。
前期展示=1月21日〔土〕~3月21日〔火〕
後期展示=3月22日〔水〕~5月14日〔日〕
開館時間=9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日=会期中無休
後 援=京都新聞

【 江戸初期の慶長年間(1596-1615)、京ではかぶき(傾き)者(いたずら者)の文化が一世を風靡していました。なかでも、「かぶき手の第一」(『当代記』)といわれたのが、織田信長の甥・織田左門頼長(道八)です。また、公家の世界では、「天下無双」の美男と称され、ファッションリーダーでもあった猪熊少将教利、彼と親しかった烏丸光広などの若い公家たちの行動が「猪熊事件」へと発展します。さらに、「天下一」の茶人だった古田織部が好んだ、奇抜で大胆な意匠の茶器や斬新な取り合わせも、数寄の世界でかぶきの精神を表現したものといえるでしょう。本展では、織部好みの茶器や刀、織田頼長の書状、猪熊事件に連座した公家衆の直筆短冊などの品を通して、かぶいた武士・公家衆の人物像を探ります。】


●グーグル提供広告