平成28年度 第9回伝音セミナー「下掛宝生流の謡を聞く」進行役:高橋葉子氏(平成29年3月2日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター)

セミナー情報です。
●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/spsemi2016-2.html

——————–
平成28年度 第9回伝音セミナー
内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。
下掛宝生流の謡を聞く
能のワキ方は、主役のシテの物語を引き出す大事な役割を果たします。近年京都でもお馴染みになった下掛宝生流は、明治の宝生新をはじめ数々の名人を輩出して近代の能を牽引してきました。また一方で、ワキ方は謡の専門家として謡文化の興隆を支えてきました。流儀の歴史や謡の特徴に触れながら、下掛宝生流の名演をお聴きいただきます。
進行役:高橋葉子(日本伝統音楽研究センター客員研究員)
日時
平成29年3月2日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
(京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/)
参加費 無料。
問合せ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム