« 大阪府立中之島図書館が所蔵する近世後期小説類940冊のデジタル画像が、おおさかeコレクションで公開に | メイン | 徳島市立徳島城博物館 特別公開「1100年前の戸籍」講演会 講師:丸山幸彦氏(平成29年2月26日(日)) »

2017年2月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●佛教史学会・アジアにおける仏教と神信仰研究会共催シンポジウム「日本とアジアの神仏の融合の諸相」【舩田淳一(司会・コメンテーター)】(2017年3月4日(土) 13:00~、名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス Ⅰ号館 203 教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bukkyoshigaku.jp/wordpress/archives/info/1676/

--------------------

■日時:2017年3月4日(土) 13:00~
■場所:名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス Ⅰ号館 203 教室
(名古屋市瑞穂区瑞穂町山の畑 1 /地下鉄桜通線「桜山」駅下車 5 番出口徒歩 12 分)


【テーマ】「日本とアジアの神仏の融合の諸相」

【スケジュール】

13:00 開会  舩田淳一(司会・コメンテーター)
13:10 趣旨説明 吉田一彦
13:20 藤原崇人 「木葉山祭祀に見る契丹仏教の位相」
13:50 荒見泰史 「東アジアにおける信仰・宗教の同質性と異質性
―「神」「仏」理解と神仏融合の差異から見た東アジア宗教」
(休憩 20 分)
14:40 吉田一彦 「鬼神と病――木簡と絵画史料をてがかりに」
15:10 上島 享 「神灌頂の歴史的変遷――インド・中国・日本」
(休憩 20 分)
16:00 コメント 舩田淳一
16:15 討論
17:30  閉会(予定)


●グーグル提供広告