« 韓国・北朝鮮の映画について調べる(国立国会図書館 リサーチ・ナビ) | メイン | 国文学研究資料館「論文に引用する古典籍にDOIを明示しましょう――検証可能な学問に向けて――」【日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画パンフ】 »

2017年2月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●能楽学会3月東京例会(2017年3月13日(月)18:30~20:30、早稲田大学戸山キャンパス33号館第10会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.facebook.com/Nohgakugakkai/posts/248853332192757

--------------------

日時:2017年3月13日(月)18:30~20:30
会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館第10会議室
発表者:須藤直子氏(明治大学・中央大学非常勤講師)
題目:犬王による「葵の上の能」の「後の霊」が般若面も蛇の面も掛けていなかった(つまり"鬼女"としてはまだ表象されていなかった)論理的可能性をめぐって
申し込み不要
資料代:100円(会員)、1000円(会員外)
問合せ先:能楽学会事務局 
℡ 03-3208-0325(毎週金曜日10:00~16:00)


●グーグル提供広告