石川県立美術館 企画展「絵画にみる江戸のくらし 浮世絵版画を中心に」(2017年1月4日(水)~2月12日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/exhibition/3318/

——————–
企画展
絵画にみる江戸のくらし
浮世絵版画を中心に
2017年1月4日(水) ― 2017年2月12日(日)
概要
江戸時代の生活は、いったいどのようなものだったのでしょうか。浮世絵は、テレビやインターネットのなかった当時、最新流行を伝えるファッションブック、美男美女のグラビア、旅行ガイドなど、様々な役割を果たしていました。そこには、江戸のくらしがタイムカプセルのように詰まっています。のぞいてみれば、意外な発見あり、今昔変わらぬ思いあり、新しくも懐かしい、江戸の情景が広がっています。
本展では、当館の浮世絵コレクション2,224点の中から、テーマに合わせて選んだ約200点に加えて、くらしを彩った工芸品なども紹介します。また、今年度に新収蔵となった《金沢士庶遊楽図屏風》を初公開します。
土曜講座
当館学芸員が展覧会についてお話しします。
1月14日(土)「企画展『絵画にみる江戸のくらし』見どころ」 村上尚子
1月28日(土)「新出の《金沢士庶遊楽図屏風》について」 中澤菜見子
2月4日(土)「浮世絵鑑賞入門」 村上尚子
2月11日(土)「江戸の展覧会」 有賀 茜
いずれも午後1時30分~3時、会場は当館講義室、聴講無料
キッズ・プログラム
江戸のくらしミニミニ新聞をつくろう
1月15日(日)午後1時30分開始、午後3時終了予定
展覧会を鑑賞して見つけたこと、わかったことをミニミニ新聞にまとめてみよう!小学生親子対象の講座です。
集合は当館講義室、参加無料、予約不要、観覧料は子ども1名につき保護者1名無料
浮世絵 摺り実演&体験
1月21日(土)午後3時30分~5時
1月22日(日)午前11時~12時30分、午後2時~3時30分
江戸時代からの技を受け継ぐ摺師による実演の後、ご希望の方(当日受付6名まで)に簡単な摺りの体験をしていただきます。
会場は当館ロビー、参加無料
協力:アダチ伝統木版画技術保存財団
ギャラリートーク
毎週日曜日(1月22日をのぞく)午前11時より、当館学芸員が展覧会の見どころや作品について解説を行います。
開催日時
2017年1月4日(水) ― 2017年2月12日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休
会場
第7展示室、第8展示室、第9展示室
観覧料
一般 大学生 高校生以下
個人 600円 400円 無料
団体 500円 300円 無料
※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉保健手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。