東アジア古典学の方法 第26回 中世東アジアとテキスト ―高麗をめぐって 講師:趙恵蘭氏(梨花女子大学校)・手島崇裕氏(慶熙大学校)(2017年2月17日(金)、東京大学駒場キャンパス)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2017/205/

——————–
セミナー
東アジア古典学の方法 第26回
中世東アジアとテキスト ―高麗をめぐって
日時 2017年2月17日(金)14:00~18:00
会場 東京大学駒場キャンパス 18号館1階 メディアラボ2
講師 趙恵蘭(梨花女子大学校)、手島崇裕(慶熙大学校)
基本情報
概要
【講演】
趙恵蘭(梨花女子大学校)「高麗時代の文人李奎報(イ・ギュボ)の世界観考察」
 (ディスカッサント:徳盛誠(東京大学))
手島崇裕(慶熙大学校)「日本の高麗認識をめぐって―平安時代を中心に」
 (ディスカッサント:韓正美(檀国大学校))
【タイムスケジュール】
14:00~14:10 趣旨説明
14:15~15:15 講演1 趙恵蘭「高麗時代の文人李奎報(イ・ギュボ)の世界観考察」
15:20~15:50 講演2 手島崇裕「日本の高麗認識をめぐって―平安時代を中心に」
15:50~16:10 休憩
16:10~18:00 ディスカッサントによる質疑応答、全体討論
使用言語:日本語・韓国語(通訳あり)
予約不要、来聴歓迎
主催
科研プログラム「東アジア古典学の次世代拠点形成──国際連携による研究と教育の加速」