« 天理大学附属天理図書館 曝書期間中の特別本閲覧停止(平成29年2月15日(水)~2月26日(日)) | メイン | 芸能文化研究会・第七回研究会(2017年2月25日(土)14時~、早稲田大学人間総合研究センター分室(27-8号館) 高田牧舎2階) »

2017年1月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●龍谷大学 龍谷ミュージアム 特別展 国宝「三十六人家集」を常時2帖ずつ展示(2017年3月4日(土) ~ 6月11日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html

--------------------

龍谷ミュージアムでは、第25代専如門主伝灯奉告法要(第5期~10期)を記念して、浄土真宗本願寺派と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法宝物や華麗な王朝文化を彩る数多くの文化財で構成する特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ-守り伝える美とおしえ-」を開催します。本展では、江戸時代に活躍した第12代准如宗主以降の歴代宗主をご紹介するとともに、東北や北陸を含む各地の真宗美術や、国宝「三十六人家集」(37帖のうち9帖、西本願寺蔵)、同「類聚古集」(16帖のうち6帖、龍谷大学図書館蔵)のほか、かつての法要の映像(昭和8年)や関連資料など約200件を展示します。

◆国宝「三十六人家集」を常時2帖ずつ展示
展示スケジュールはコチラ(PDF) 

展示構成
第1章:本願寺歴代宗主 -親鸞聖人・蓮如宗主と、准如宗主から勝如宗主まで-
第2章:受け継がれる伝灯奉告法要 -記録と記憶、そして新たな思い-
第3章:本願寺と浄土真宗の法物 -法灯の継承-
第4章:本願寺と浄土真宗の名宝 -三十六人家集と都を彩る美-

会期
2017年3月4日(土) ~ 6月11日(日)
休館日:3月6日・21日・27日、4月24日、5月8日・22日、6月5日

開館時間
午前9時30分 ~ 午後6時
※最終入館受付は午後5時30分まで

入館料
○一般        1,200(1,000)円
○高校・大学生      800(600)円
○小・中学生       400(300)円
※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方および
 その介護者1名は無料

【前売り券取扱い】 2月1日(水)~ 3月3日(金)
ローソンチケット(Lコード:51404)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、龍谷ミュージアム受付などで販売。

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、浄土真宗本願寺派、本山 本願寺、読売新聞社
後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、
(公財)仏教伝道協会、京都商工会議所、(一社)京都経済同友会、読売テレビ、KBS京都、エフエム京都

関連イベント

記念講演会、ワークショップ、スペシャルトークへの参加には観覧券(すでにご覧になった方はその半券)が必要です。
観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

○記念講演会(事前申込み必要) 聴講無料・先着100名

【日 時】
1)3月26日(日) 13:30~15:00 「宗教と芸能―"物語り"の中に見る日本仏教―」
  釈 徹宗 氏(相愛大学人文学部教授/浄土真宗本願寺派如来寺住職)
2)4月9日(日) 13:30~15:00 「明如上人と鏡如上人―大谷探検隊誕生秘話―」
  入澤 崇 氏(龍谷大学文学部教授/龍谷ミュージアム前館長)
3)4月23日(日) 13:30~15:00 「本願寺三十六人家集―院政期の書と料紙―」
  松原 茂 氏(根津美術館学芸部長)
4)5月7日(日 )13:30~15:00 「安城の御影と真宗の聖徳太子像」
  天野 信治 氏(安城市歴史博物館学芸員)
5)5月21日(日) 13:30~15:00 「幕末から近代の本願寺―広如宗主から鏡如宗主まで―」
  赤松 徹眞 氏(龍谷大学学長/本願寺史料研究所所長)
【会 場】 龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール(全日程)

○ワークショップ(事前申込み必要) 先着各15名

「消しゴム仏はんこ」を作って仏教に触れてみよう!

【日 時】
5月20日(土) 10:00~12:00 <小・中学生、その保護者対象>
"お手軽・カンタン" ちょっとやさしいはんこを作ります。
13:30~15:30 <一般対象>
"これに参加すればあなたもはんこ職人?" ちょっと難しいはんこを作ります。
【会 場】 龍谷ミュージアム 101講義室
【講 師】 麻田 弘潤 氏(消しゴムはんこ職人/浄土真宗本願寺派極楽寺住職)
     ※「消しゴムはんこ職人」って何者?
【参加料】 1名500円 ※申込みは5月15日(月)まで
【その他】
・準備物はありません。手ぶらでご参加ください。
・作った「消しゴム仏はんこ」は持ち帰ることができます。大切な人にプレゼントしてください。


●グーグル提供広告