« 言語文化研究所シンポジウム「諸言語の水とその文化 日本語・英語・フランス語・中国語・韓国語・ポルトガル語」(平成29年2月4日(土)、聖徳大学生涯学習社会貢献センター) | メイン | 日本出版学会 学術出版研究部会「出版流通の変容から考える学術出版の課題と役割」報告:橋元博樹氏(2017年2月17日(金)、専修大学神田キャンパス ※要申込) »

2017年1月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●別府大学大学院 文学研究科 特別講演「温泉と文学」ゲスト:玄月氏、吉村萬壱氏、藤野可織氏(2017年2月26日(日)【事前申込不要】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.beppu-u.ac.jp/event/2017/01/006005.php

--------------------

 温泉と文学について語るシンポジウム第2弾。今回は、芥川賞作家である、玄月氏、吉村萬壱氏、藤野可織氏をお招きし、温泉地で読みたい本を紹介していただいたり、ご自身の創作について語っていただきます。一般の方も無料でご参加いただけます(事前申込不要)
※昨年開催した「文学への誘い」は、こちらをご覧ください。

別府大学大学院 文学研究科 特別講演「温泉と文学」

<ゲスト>
小説家 玄月氏(第122回芥川賞受賞)
※玄月氏が温泉で読みたい三冊
・福岡伸一『生物と無生物のあいだ』
・谷崎潤一郎『陰影礼賛』
・江國香織『号泣する準備はできていた』

小説家 吉村萬壱氏(第129回芥川賞受賞)
※吉村萬壱氏が温泉で読みたい三冊
・林芙美子『浮雲』
・西条八十『女妖記』
・つげ義春『新版 貧困旅行記』

小説家 藤野可織氏(第149回芥川賞受賞)
※藤野可織氏が温泉で読みたい三冊
・トニー・パーカー『殺人者たちの午後』
・シャーリイ・ジャクスン『日時計』
・アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年』

コーディネータ/澤西祐典(本学文学部 国際言語・文化学科講師)

<プログラム>
第1部 13:00~13:50「作家と温泉」
第2部 14:00~15:00「温泉で読みたい本」

※託児サービスをご希望の方は、提携先の「あいむ保育園いしがき園(TEL 0977-22-6688)」で受け入れ可能です。(前日18時までの事前予約が必要です)

開催日 2017年2月26日(日)
時間 13:00~15:00
会場 別府大学メディア教育・研究センター メディアホール
お問合わせ先等
主催/別府大学大学院 文学研究科 日本語・日本文学専攻、共催/別府大学 文学部 国際言語・文化学科、地域連携推進センター、後援/別府市、大分銀行、JR 九州大分支社、大分合同新聞社、お問い合せ先/ TEL 0977-66-6262(広報室)


●グーグル提供広告