« 第44回応用言語学講座公開講演会・スプリング・ライアン氏「移動と状態変化表現の第二言語習得: 認知言語類型論の観点から」(2017年2月20日(月) 午後4:30~6:00、名古屋大学・東山キャンパス文系総合館6階624室(ファカルティラウンジ)) | メイン | 武蔵野大学日本文学研究所・土岐善麿記念公開講座特別講演「能と土岐善麿 「鶴」を観る」(2017年2月12日(日)、本学 武蔵野キャンパス 雪頂講堂) »

2017年1月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第45回応用言語学講座公開講演会・前田直子氏「現代日本語の逆接表現をめぐって―日本語学と日本語教育の立場から」(2017年2月21日 (火) 午後3時30分~5時00分、名古屋大学東山キャンパス 全学教育棟北棟4階406室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/events/2017/20170221.pdf

--------------------

第45回応用言語学講座公開講演会 後援:名古屋大学大学院国際言語文化研究科 教育研究プロジェクト経費
「人文学としての言語学・応用言語学若手研究者の発信力強化プロジェクト」

現代日本語の逆接表現をめぐって―日本語学と日本語教育の立場から
学習院大学教授 前田直子先生

日時:2017年2月21日 (火) 午後3時30分~5時00分
場所:名古屋大学東山キャンパス 全学教育棟北棟4階406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/
交通案内:地下鉄名城線「名古屋大学駅」1番出口徒歩5分
入場無料・事前申し込み不要

【近年、日本語研究の分野では逆接表現の研究が増加の傾向にある。現代日本 語に限っても、逆接表現には「けど(けれども・けれど)」「が」「のに」 「ても」といった基本表現のほか、周辺的な形式として「たって」「たとこ ろで」「ようと」「こそすれ」「ながら」「にもかかわらず」「くせに」 「ものの」など多くがあり、また無標の「て」形が逆接を表す場合もある。 本講演では、逆接表現の研究の流れを概観し、今、何が課題であるのかにつ いて考える。また、これまで違いが指摘されることが少なかった「けど(け れども・けれど)」と「が」の文法的・意味的違い、および文体差・位相差 を検討し、日本語教育の分野への応用について考える。】


●グーグル提供広告