第39回 表現学会近畿例会(2017年02月18日(土)、同志社大学室町キャンパス)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://hyogen-gakkai.org/tiku.html#k20170218
——————–
第39回 表現学会近畿例会のご案内
挨拶  第39回 表現学会近畿例会のご案内
 新春の候、会員の皆様方におかれましては、ますますご清祥のことと存じます。
 下記要領で例会を開催いたしますので、ぜひご参加くださいますよう、お願い申し上げます。
会の名称 第39回 表現学会近畿例会
日時 2017年02月18日(土) 13:30~17:00
場所 同志社大学室町キャンパス 寒梅館6F大会議室 075-251-5273
発表者 竹村和馬(大阪教育大学教育学研究科修士課程)
「筒井康隆作品に見られる人物造形法―中長編女性主人公作品を通して―」
楊瓊(同志社大学大学院文学研究科博士後期課程)
「『によりて』の複合格助詞的用法の形成と発展」
井関和恵(同志社大学日本語・日本文化教育センター嘱託講師)
「二葉亭四迷作品における受身表現」
講演 吉村耕治先生(関西外国大学短期大学部名誉教授)
「感性を表現学的に研究する注意点―日英言語文化論の視点から―」
参加費 500円
備考  なお、例会終了後、懇親会(会費5,000円程度)を予定しております。準備の関係がございますので、懇親会にご参加のご予定の方は、2月11日(土)までに山内宛にe-mailあるいは電話などでご連絡をお願いいたします。
山内宛 e-mail ←を左クリックしてメールソフトが起動しない場合は、右クリックして、「ショートカットのコピー」でメールアドレスを得てください。(メールソフトを起動して、宛先に張り付ける)