小倉百人一首殿堂 時雨殿 企画展「百人一首とかるた~その誕生と広がり~」(平成29年1月5日(木)~3月20日(月・祝))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.shigureden.or.jp/about/catalog_special.html

——————–
企画展「百人一首とかるた~その誕生と広がり~」
会期:平成29年1月5日(木)~3月20日(月・祝)
「カルタ」はもともと外来語で、室町時代にポルトガルからもたらされた遊戯具です。のちに百人一首と結びついて庶民の間に広がり、現在では「かるた」といえば「百人一首かるた」を指すまでになりましたが、江戸時代には百人一首以外にも「源氏物語かるた」や「古今和歌集かるた」など、多くの歌かるたが作られました。 また富裕層の嫁入道具として定着し、百人一首は江戸時代の女性にとって必修科目ともいえる教養でもありました。そして現在、百人一首は私たち日本人にとって最も身近で親しみやすい古典のひとつとなっています。 今回の展示では、かるたの歴史をたどるとともに、百人一首をはじめ様々な歌かるたを展示し、その魅力と広がりをご紹介します。