« 国立国会図書館・リサーチナビ「植民地期の京城(現・ソウル)の地図(レファレンス事例・ツール紹介(4))」(アジア情報室通報 14巻4号掲載、福山 潤三氏(国立国会図書館関西館アジア情報課)) | メイン | 東アジア恠異学会第109回定例研究会(2017年2月4日(土)、大東文化会館 404号室) »

2017年1月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●太宰治文学サロン 次回企画展予告「もの語りの始めかた」(2017年2月7日(火)〜6月4日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://mitaka.jpn.org/ticket/170207d/

--------------------

太宰治文学サロン 次回企画展予告
もの語りの始めかた

2017年 2月7日(火)〜6月4日(日) 10:00〜17:30
【入館料】入館無料
【休館日】月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)
【会 場】〒181-0013 三鷹市下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1F
太宰治文学サロン Tel: 0422-26-9150
現在、幅広い世代から支持を集める太宰文学。人間固有の心情が見事なまでに吐露され、語りかけてくるかのような独特の文体によって、読み手が共感を抱かされると言われています。しかし、文体やストーリー性だけでなく、太宰は、読み始めの段階で既に読者の心を摑んでいます。
本展では、冒頭部分から小説の世界へと惹き込む太宰文学の魅力に迫ります。


●グーグル提供広告