« 日文研・アイハウス連携フォーラム in 京都・ヴィジュアル資料が映し出す――帝国期日本の文化と社会・ケネス・ルオフ「「移動する帝国」――戦時観光と絵葉書」/劉 建輝「従軍画家が描いた帝国のフロンティア」(2017年3月7日、ハートピア京都 3階大会議室) | メイン | 国立国会図書館デジタルコレクションに図書約6,000点、雑誌約12,000点(247タイトル)が追加。公開範囲ごとの収録タイトルリストを更新。 »

2017年1月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●高麗大学校訪問研究 日本文学ワークショップ(2017年1月19日(木) 14:00~17:30、大阪大学文学研究科本館大会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報入手はこちら
http://bokyakusanjin.seesaa.net/article/445570186.html

--------------------

高麗大学校訪問研究 日本文学ワークショップ

日時 2017年1月19日(木) 14:00~17:30
会場 大阪大学文学研究科本館大会議室

14:10~15:10
1.金潾我 (高麗大学大学院博士課程)  
近松門左衛門 『平家女護島』の俊寛像考察―『平家物語』との比較を通して
2. 金智慧(大阪大学大学院博士前期課程)
明治前期における散切物受容の諸相  

15:20~16:20
3.朴祉炫 (高麗大学校大学院博士課程)
NHK大河ドラマと関ヶ原合戦―家康と三成の人物像変遷
4. 岡部祐佳 (大阪大学大学院博士前期課程)
「往来物」、「書簡文例集」と「文学」―ジャンル越境的研究への挑戦

16:30~17:30
5.朴眞鉉 (高麗大学校大学院修士課程)
中世日本文学に現れた関東武士の特殊性ー『平家物語』を中心にー
6. 有澤知世(大阪大学大学院博士後期課程)
錦絵新聞を読む―近世文芸からの影響に注目して―


●グーグル提供広告