第13回図書館総合歴史講座 文学資料で紐解く牧野信一 小田原市立図書館所蔵牧野信一資料を中心に 講師:柳沢孝子氏(開智国際大学教授)(かもめ図書館視聴覚ホール、平成29年3月4日(土)※要申込)

講座情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/p21865.html

——————–
第13回図書館総合歴史講座
文学資料で紐解く牧野信一 小田原市立図書館所蔵牧野信一資料を中心に
【平成29年3月4日(土)】
牧野信一は、小田原で生まれ、小田原や足柄を舞台とする独特な幻想的小説を残しました。
まさに郷土の作家です。
小田原市立図書館には、牧野を知るための第一級資料が、たくさん所蔵されています。
牧野の出発点となった同人雑誌『十三人』、牧野文学の絶頂期に彼自身が主宰した雑誌『文科』とその貴重な校正刷、牧野の絶筆となる小説「サクラの花びら」の自筆原稿などを使いながら、牧野文学を紐解いてみましょう。(柳沢孝子)
講座「文学資料で紐解く牧野信一 小田原市立図書館所蔵牧野信一資料を中心に」
長年牧野信一を研究してきた柳沢孝子氏が、小田原市立図書館所蔵牧野信一資料のなかから自筆原稿や貴重な同人誌を使い、牧野文学を読み解きます。
日時 平成29年3月4日(土) 午後1時30分~3時30分(開場 午後1時00分)
会場 かもめ図書館視聴覚ホール(2階)※駐車場が混み合いますので、当日は公共交通機関をご利用ください。
講師 柳沢 孝子氏(開智国際大学教授)
募集人員 80名(申込み先着順)
申込方法 講座名・氏名・郵便番号・住所・電話番号を明記の上、メールまたは電話にて。
メール:tosho@city.odawara.kanagawa.jp
電話:0465-24-1055