« 古事記学会12月例会(平成28年12月17日(土)、学習院女子大学互敬会館3階第1集会室) | メイン | 笠間書院のメールマガジン [251号]刊行しました »

2016年12月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●斎藤英喜・井上隆弘編『神楽と祭文の中世 変容する信仰のかたち』(思文閣出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

思文閣出版さまよりいただきました

7842-1871-4.jpg

●公式サイトはこちら
https://www.shibunkaku.co.jp/publishing/detail/9784784218714/

神楽と祭文の中世
変容する信仰のかたち

斎藤英喜 編
井上隆弘 編

8,000 円(税別)

体裁 A5判・390頁
初版年月 2016年12月
ISBN 978-4-7842-1871-4
内容 「民俗芸能」と呼ばれ、古代以来伝わるものとされる「神楽」。
しかしその中には、牛頭天王や荒神のような異神の信仰が隠されていたし、死霊にかかわる祭儀など、常識的な理解では説明できない様々な形が存在する。
それらの深層を探ると、そこには混沌とした「中世」の信仰のかたちが現れる。
この中世の信仰と思想を伝える「祭文」を中心に、中世神楽および関連する陰陽道・密教・アジアの巫俗の世界を読み解く意欲作。


●グーグル提供広告