寺島恒世氏「五七のリズムは日本人の精神活動」(Ecoutezbien えくてびあん)

【五七のリズムは日本人の精神活動
文学部、ことに日本文学科が消えようとしている。
日本人が日本の文化を知らなければ、
たとえ外国語をマスターしても何を語るのか。
寺島恒世氏:国文学研究資料館 教授 副館長。
出身は長野県。2017年3月に定年退官を迎える。
専門は和歌文学で、この度の〈『毎月抄』(藤原定家)は
定家の子孫の手になる「偽物」である〉という発表は、
日本文学史を書き換えるほど画期的なことだった。
今西祐一郎現館長の任期満了退官により、2017年4月から
ロバート・キャンベル氏が館長としてその任に就くが、
この人事に大きく貢献したのも寺島先生だ。】
つづきはこちらから。Ecoutezbien えくてびあん。
http://ecoutez.exblog.jp/26510680/