« 幕末を生き抜いた盲目の琴師 葛原匂当のひらがな日記を読む 講師:葛原眞氏(2017年1月15日(日)、日本のローマ字社事務所) | メイン | 櫻井陽子・鈴木裕子・渡邉裕美子『平家公達草紙 『平家物語』読者が創った美しき貴公子たちの物語』(笠間書院) »

2016年12月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川県立金沢文庫 特別展「愛された金沢八景 ―楠山永雄コレクションの全貌―」・同時開催 特別公開「本多錦吉郎の幻の水彩画」(平成29年2月10日(金)~4月23日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/tenji.html

--------------------

特別展  「愛された金沢八景 ―楠山永雄コレクションの全貌―」

平成24年春に初公開した、横浜市金沢区在住であった故・楠山永雄氏(1931~2013)のコレクションを、このたび県立金沢文庫に寄贈していただくことになりました。これを記念し、コレクションの全貌を紹介する特別展を開催いたします。
 楠山永雄コレクションは、金沢八景中心の一大資料群です。歌川広重の浮世絵から、明治時代の絵葉書、湘南電鉄のパンフレットや京浜急行の記念切符など、江戸~昭和時代までの様々な姿の金沢八景をたどることができます。また、鎌倉、横須賀といった近隣の関連資料や、伊藤博文、野口英世、鏑木清方など金沢ゆかりの人物に関する資料も多く含まれています。
 楠山永雄氏の半生をかけたコレクションの全貌をご紹介いたします。

同時開催 特別公開  「本多錦吉郎の幻の水彩画」

日本洋画の黎明期に活躍し「洋画の先覚者」として評価される画家・本多錦吉郎(ほんだきんきちろう)の水彩画《鎌倉小坪村海岸》が神奈川県立金沢文庫に所蔵されていることがわかりました。開館以来87年ぶりに特別公開いたします。詳しくはこちらをご覧ください。
           
主催 神奈川県立金沢文庫
協力 横浜市金沢区役所
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成29年2月10日(金)~4月23日(日)
休館日 毎週月曜日(3月20日は開館)、3月21日(火)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分


●グーグル提供広告