« 群馬県立土屋文明記念文学館 第95回企画展「方言の豊穣、文学の実感―井上ひさし・伊藤信吉の世界―」(平成29年1月14日(土)~3月20日(月・祝)) | メイン | 第1回森敦研究会「森敦研究〈わたし〉が語る」(平成28年12月17日(土)、國學院大學渋谷キャンパス) »

2016年12月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●國學院大学文学部講演会 スプツニ子!が語る神道と神話「神話が未来になる日」(平成28年12月16日(金)、渋谷キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kokugakuin.ac.jp/info/161216bun-koen.html

--------------------

この度、ARTSCENE AFTERSCHOOLは、今注目の現代アーティスト、スプツニ子!さんをお招きしてトークイベントを開催致します。
スプツニ子!さんが瀬戸内の「豊島八百万ラボ」で常設中の新作、「運命の赤い糸をつむぐ蚕 - タマキの恋」のお話を軸に、日本神話、神道的な世界が今後科学技術によって実現されうる可能性や、未来における神、祭事のあり方についてスプツニ子!さんならではの視点でお話頂く予定です。神話学がご専門の平藤喜久子先生、美術ジャーナリストの藤原えりみさんとのトークセッションを、この機会に是非お楽しみください。

日時 平成28年12月16日(金)
   18:00 open / 18:30 start (20:00終演を予定)
会場 國學院大学渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階 常磐松ホール
講演
・スプツニ子! (MITメディアラボ助教授/現代アーティスト)
・平藤喜久子 (國學院大学研究開発推進機構 准教授)
・藤原えりみ (國學院大学非常勤講師/美術ジャーナリスト)

出演者プロフィール
スプツニ子!
1985年、ロンドン生まれ。マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教授、現代アーティスト。ロンドン大学数学科・情報科学科卒業、英国ロイヤルカレッジオブアートにてデザインを修了。2007年よりロンドンを拠点に音楽やデバイス、映像などの制作活動を行う。カラスと交信するロボットや女性の生理を疑似 体験するマシンなど、テクノロジーによって変化していく社会やジェンダーを扱う映像、音楽、写真、インスタレーション作品を発表している。2010年東京都現代美術館、2011 ニューヨーク近代美術館、2014 ブルックリン美術館などグループ展、個展多数。2014年「VOGUEJAPANWomenoftheYear2013」受賞、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。現在マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教、デザイン・フィクション 研究室主宰。NHK『スーパープレセンテーション』が放映中。所属ギャラリーは SCAI THE BATH HOUSE。

平藤喜久子
1972年、山形県生まれ。國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所准教授。学習院大学大学院人文科学研究科修了。博士(日本語日本文学)。専門は神話学、宗教学。著書:『神のかたち図鑑』『神の文化史事典』『神社ってどんなところ?』『よくわかる宗教学』など多数。

藤原えりみ
1956年、山梨県生まれ。美術ジャーナリスト、武蔵野美術大学・女子美術大学・東京藝術大学・國學院大学非常勤講師。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(美学専攻)。美術雑誌「みづゑ」編集スタッフを経て、フリーランスで単行本・雑誌の編集、翻訳などにたずさわる。雑誌『ブルータス』(マガジンハウス)、『美術手帖』(美術出版社)等で執筆。共著に『西洋美術館』(小学館)、『現代アート事典』(美術出版社)など。訳書にシンシア・フリーランド『でも、これがアートなの?』(ブリュッケ)、マーティン・ケンプ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(大月書店)など。共訳書に『マイ・グランパパ、ピカソ』(小学館)がある。

申込 入場無料 申し込み不要
(※ただし定員オーバーの場合は先着順)
問い合わせ 國學院大学文学部 小池研究室
artsceneafterschool☆gmail.com
主催 國學院大學文学部
企画・運営 ARTSCENE AFTERSCHOOL

ARTSCENE AFTERSCHOOL[外部リンク]


●グーグル提供広告