« 大阪歴史博物館 常設展「後期難波宮でみつかった奈良時代の柱根」(平成28年11月30日(水)~平成29年2月20日(月)(予定)) | メイン | 加藤敦子[都留文科大学]「東奔西走・観劇映画日記」○連載第三回[全三回]●リポート笠間61号より公開 »

2016年12月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●名古屋平安文学研究会・平成28年12月例会[第380回](2016年12月18日(日)、名古屋大学文学研究科)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

名古屋平安文学研究会
日時 2016年12月18日(日) 午後1時30分より
場所 名古屋大学文学研究科 4階407号室
(地下鉄名城線名古屋大学駅1番出口より徒歩2分)

研究発表
○『源氏物語』の終焉における〈空白の物語〉表現と読者/贄裕子氏
○伊勢集の表現/亀田夕佳氏
司会 大井田晴彦氏・内藤英子氏

●お問い合わせ
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町 名古屋大学 文学研究科棟
大井田研究室内 名古屋平安文学研究会
TEL 052-789-4735


●グーグル提供広告