« 上代文学会 1月例会(平成29年1月21日(土)、専修大学神田キャンパス7号館731教室) | メイン | 名古屋平安文学研究会・平成28年12月例会[第380回](2016年12月18日(日)、名古屋大学文学研究科) »

2016年12月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大阪歴史博物館 常設展「後期難波宮でみつかった奈良時代の柱根」(平成28年11月30日(水)~平成29年2月20日(月)(予定))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2016/tenjigae/161118.html

--------------------

【後期難波宮の発掘調査では、瓦は多く見つかるものの、柱や梁などの建築部材はほとんど見つかりません。見つかった数少ない例の一つが、今回展示する掘立柱の柱根です。
 この柱は、後期難波宮朝堂院の西側にある五間門区画の塀に使われていました。柱の底にはノコギリの跡が見られ、表面には工具の跡も若干見られます。樹種はコウヤマキと考えられます。
 コウヤマキは古墳時代には棺材として重宝され、藤原宮や平城宮などの宮殿建築では、ヒノキと並んで柱材としてよく用いられました。
 底面や表面に残る加工痕など、古代の柱根のようすをぜひご覧ください。(李陽浩)】


●グーグル提供広告