« 古代文学研究会1月例会(2017年1月8日(日)、同志社大学今出川キャンパス、至誠館3F会議室) | メイン | 『演劇学論集』63号(日本演劇学会紀要)に、林 廣親『戯曲を読む術(すべ) 戯曲・演劇史論』の書評が掲載されました(評者:今井克佳氏) »

2016年12月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国立歴史民俗博物館 企画展示室「デジタルで楽しむ歴史資料」(2017年3月14日(火)~ 5月7日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

--------------------

デジタルで楽しむ歴史資料開催期間
開催期間 2017年3月14日(火)~ 5月7日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金
一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体 

※総合展示もあわせてご覧になれます。 
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※障害者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
主催
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館


●グーグル提供広告