« 大阪大学文学研究科演劇学演習「演劇研究の基礎Ⅱ」トークイベント・「人形浄瑠璃と現代演劇 〜文楽の達人が誘う"人形浄瑠璃の世界"〜」(全3回、2017年1月6日(金)、1月20日(金)、1月27日(金)) | メイン | 高志の国文学館 企画展「知られざる 作家の世界ー書簡から直筆原稿、書画まで」(平成29年1月14日(土)~2月20日(月)) »

2016年12月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大和文華館 特別展「白描の美-図像・歌仙・物語-」(2017年1月6日(金)~2月19日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/hakubyounobi.html

--------------------

2017年1月6日(金)~2月19日(日)
毎週月曜日休館(ただし、1月9日〈祝〉は開館し、翌10日〈火〉が休館)
入館料 一般930円 高校・大学生 720円 小学・中学生 無料

墨線を主体にモチーフを描き出す白描は、平安時代後半、様々な仏の姿を表した白描図像に盛んに用いられました。師資相承の中で密教僧の間に伝わった白描図像は、僧侶自身が転写することにより表れた楚々とした素朴な味わいがあります。やがて、図像の集積が進むと、高い画技を持った画僧や専門的な技術を持った絵仏師が携わるものも多くなり、観賞性の高い白描図像が制作されます。白描の持つ純粋で静謐な美しさには、彩色画とは異なる価値が見出され、歌仙や物語を描く技法の一つとしても展開します。
本展覧会では、白描の描法が用いられた図像・歌仙絵・物語絵を合わせて取り上げることで、画題による描線や画趣の差異、あるいは共通性を具体的に明らかにし、白描画特有の美意識に迫ります。また、中世の白描図像から幕末のやまと絵作品にまで視野を広げることで、時代による描き手や美意識の違いによって白描の技法がどのように理解され、表現と結びついていくのかを考察したいと思います。著色画や淡彩画とも異なる、白描画の魅力をご紹介します。たおやかな描線の美をお楽しみ下さい。


●グーグル提供広告