« 国際浮世絵学会 3週連続研究会・見学会(2017年1月14日(土)出光美術館、:1月21日(土)三井記念美術館、1月28日(土)太田記念美術館) | メイン | 福永武彦研究会 第162回例会(2017年1月22日(日)、川崎市多摩市民館 5階第一学習室) »

2016年12月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年 三輪山セミナー「倭国女王の所在地ー印璽と封泥から考えるー」講師:奈良県立橿原考古学研究所所長 菅谷文則氏 他(2016年1月28日〜12月9日、大和国一之宮三輪明神大神神社【当日受付】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://oomiwa.or.jp/topics/topics_seminar/

--------------------

三輪山セミナー

時間 午後2時~午後3時半まで
会場 大礼記念館2階 大広間
受講料 200円
受付 大礼記念館2階ロビーにて、午後12時半より午後2時まで実施
   ※事前の受付は必要ありませんので、今年初めて受講される方もセミナー当日に受付場所へお越しください。

お問い合わせ
〒633ー8538 桜井市三輪1422 大神神社 三輪山セミナー係
TEL:0744-42-6633
※土・日・祝日は周辺道路が渋滞し混雑しますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。
※また土曜日は、大神神社二の鳥居前と桜井駅を結ぶ「直通バス」も運行しております。

平成29年のご案内
※講師の先生や会場の都合により、日程・内容・場所が変更になる場合がありますのでご了承ください。
月 日 演 題 肩 書 名 前
1月28日
倭国女王の所在地ー印璽と封泥から考えるー
奈良県立橿原考古学研究所所長 菅谷 文則
2月25日
蘇我氏台頭の契機ー稲目以前の蘇我氏の動静を探るー
堺女子短期大学名誉学長 塚口 義信
3月18日
祭祀遺跡としてみた伊勢神宮ー三輪から伊勢へー
斎宮歴史博物館 主幹 穂積 裕昌
4月22日
『風土記』撰録と『古事記』『日本書紀』
千葉大学名誉教授 三浦 佑之
5月27日
遺跡の環境復原
皇學館大学文学部教授 外山 秀一
6月24日
三輪とヤマトと邪馬台国(仮)
関西大学・仏教大学等非常勤講師 若井 敏明
7月29日
三輪山と額田王
東京大学大学院人文社会系研究科教授 鉄野 昌弘
8月26日
大物主神と大国主神ー『古事記』の神話を読むー
早稲田大学教授 松本 直樹
9月30日
古代の王宮にそびえる大聖標
古代学研究者 辰巳 和弘
10月28日
日本における須恵器生産の開始と展開(仮)
奈良大学准教授 植野 浩三
11月25日
古代の神々と東北(仮)
近畿大学教授 鈴木 拓也
12月9日
三輪山周辺の考古学ーこの一年の調査からー
桜井市教育委員会文化財課主幹 橋本 輝彦


●グーグル提供広告