福井県文書館「青春17 春嶽の旅日記-「東海紀行」でたどる参勤交代-」(平成28年12月23日(金)~平成29年2月22日(水))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/08/m-exhbt/AMindex.html

——————–
平成28年12月23日(金)~平成29年2月22日(水)
文書館閲覧室
天保15年(1844)、若き福井藩主 松平春嶽(慶永、当時17歳)は、
参勤交代で福井へ向かうために江戸を発ちました。
東海道経由で、約2週間の旅の始まりです。
春嶽は、この旅で見たこと、聞いたこと、感じたことを
紀行文にまとめています。船歌を聞きながら川を渡った
平穏な日もあれば、嫌いな雷に見舞われた不安な日もあり、
山あり谷ありの2週間だったようです。
展示では、春嶽の紀行文「東海紀行」をもとに、
道中のようすやできごと、しきたりなどを紹介しながら、
江戸から福井までの旅をたどります。